>HOME >GFG杯選手権>令和元年度 GFG杯アユ


令和元年度 GFG杯争奪全日本地区対抗アユ釣り選手権 結果報告

令和元年度 GFG杯争奪全日本地区対抗アユ釣り選手権 集合写真

令和元年度 GFG杯争奪全日本地区対抗アユ釣り選手権 出場選手のみなさま

大会総評

 令和元年7月28日~29日、神奈川県相模川でGFG杯争奪全日本地区対抗鮎釣り選手権が行われました。この大会はGFG会員の代表として、釣りマナーを考え、会員相互の親睦を図るために開かれ、全国10地区から代表各3人と、開催地区の付加チーム3人、レディースチーム3人の合計36人で行われます。開催直前には、ゲリラ気まぐれ台風6号に慄きましたが、台風も一瞥をくれて過ぎ去り、大会当日が正に梅雨明けでした。


 28日の厚木アーバンホテルでの前夜祭は、選手、役員、がまかつ関係者、漁協、報道、オブザーバーなど80人ほどの盛大なものです。朝倉嘉嗣全国GFG副会長のご挨拶から始まり、がまかつ様協賛の豪華賞品が並ぶ前での組み分け抽選の頃には、懐かしい顔ぶれも多く、このあこがれの大会への抱負、意気込みを語る言葉に大いに盛り上がりました。


 明けて29日、好天、微風の釣り日和、早朝から各エリアに分かれ競技が始まりましたが、今年の相模川は昨年比1割ほどの天然遡上で、良型も出ますが、なかなか数が伸びません。苦労した方が多いと思いますが、地区対抗団体戦は地元のアドバンテージを生かした関東Aチームが優勝。相模川を借景とする佐藤 裕司様がどこに鮎がいるか川鵜の友達に聞いたとか聞かないとか??。私も気の合う川鵜さんと友達になろうと思いました(笑)。


 それに続く個人戦でも関東の若手のホープ、決勝1番クジを引いてポイントへ飛んで行った小室祥様の優勝でした。いずれにしろ厳しい川の状況の今年は、地元のアドバンテージは大きかったと思います。


 平水の約2倍の増水という台風の置き土産の中の大会でしたが、この大会では参加者のマナーに特に見るものがあったような気がします。増水時の安全確保の特別ルールの順守、移動や時間の厳守など、安全でスムースな運営ができたような気がします。すべての関係者のご協力の賜物と思います。がまかつファングループの頂点の大会として、さらに釣りマナーの向上と会員相互の親睦が図れたらと思います。

(レポーター:関東地区本部長 平井 幹二)



団体戦

団体戦優勝の関東Aチームの皆さん
順位 地区 ゼッケン グループ 氏 名 匹数 合計
1 関東A 8 A 佐藤裕司 13 23
18 B 石井 守 7
32 C 野崎洋美 3
2 北陸 2 A 金田 準 7 20
20 B 河内 豊 11
27 C 坂 登志男 2
3 中国 1 A 奥田裕之 2 18
21 B 藤井夢人 15
31 C 田村卓也 1
4 上信越 6 A 横山智明 3 17
17 B 林 健一 10
30 C 内山年久 4
5 四国 11 A 森本伸一 5 16
22 B 藤原無我 5
26 C 北村憲一 6
6 東海 12 A 平野和之 2 14
14 B 佐藤敏也 11
25 C 海野久生 1
7T 中部 4 A 土屋幸和 2 13
16 B 高橋恒志 7
34 C 細江 太 4
7T 関西 7 A 足立武司 5 13
13 B 浜岸満吉 5
28 C 西口忠伸 3
9T 関東B 10 A 小室 祥 5 12
19 B 石川二男 4
29 C 金澤重臣 3
9T レディース 9 A 堀 友里子 2 12
15 B 川出織絵 9
33 C 青木真由美 1
11 九州 5 A 坂口啓龍 2 11
24 B 平 祐二 7
35 C 阿南敏広 2
12 東北 3 A 佐藤隆洋 3 9
23 B 木村 洋 4
36 C 波田野篤史 2

※敬称略


GFG杯 団体優勝コメント

 今回でGFG全国大会への参加は4回目の参戦。思い出すたび悔しかった初出場。自分が足を引っ張り、2度目の参加も大ブレーキ。3度目の馬瀬川大会では、1匹足らずに逃した団体優勝……。


 4回目の今大会は地元開催となり、気合と自信をつけるべく、それは早朝から、鵜より早く川に飛び込みアユ探しをした結果。私はAエリアトップ釣果をたたき出し13本。Bエリアは石井 守さんが担当、狙いの場所に入れない中でも貴重な7本。難しいCエリアはヨン様こと野崎 洋美さんが値千金の1尾を釣り上げ3本!!。これも前夜、遅くまで作戦会議という名のアユ談議が功を奏し、関東Aチームが優勝を勝ち取ることが出来ました。優勝候補と言われ……プレッシャーもありましたが、最高の結果を出せたことを非常にうれしく思います!!


 お盆を迎えた頃の上大島では、型の良い鮎が目印をぶっ飛ばす事と思います。また相模川へ遊びに来てください。選手、役員の皆様、有り難うございました。

GFG関東Aチーム 佐藤 裕司


個人戦

個人戦表彰台
順位 地区 ゼッケン 氏 名 匹数 重量(g)
優勝 関東B 10 小室 祥 15 264
準優勝 関西 7 足立武司 12 305
3 中国 21 藤井夢人 12 217
4 関東A 8 佐藤裕司 9 275
5 四国 26 北村憲一 8 238
6 四国 11 森本伸一 7 306
7 東海 14 佐藤敏也 6 218
8 上信越 30 内山年久 6 152
9 北陸 20 河内 豊 4 150
10 中部 34 細江 太 3 91
11 北陸 2 金田 準 2

※敬称略


GFG杯 個人優勝コメント

 予選はチーム内の話し合いでAエリアを選ばしてもらいました。Aエリアは事前に2日ほど下見をし、入る場所を決めておきました。しかし当日は思い通りにかからず苦戦してしまいました。思いのほか全体的に厳しい状況で、ボーダーがオトリ込み5匹でギリギリ通過できました。そして決勝戦ではなんと1番クジを引き、前日の下見で決めておいた場所に入ることが出来ました。オトリが変わればかかる自信があり、運よく開始5分ほどで一匹目が掛かり、その後もポツポツと掛かり数を伸ばすことが出来ました。


 全国の名手達が集まる大会で優勝することが出来て、本当に嬉しく思います。そしてがまかつ様、大会運営の役員の方々、選手の皆様、大変お世話になりました。有り難うございます。

GFG関東Bチーム 小室 祥


試合風景

試合風景 試合風景
試合風景 試合風景
試合風景 試合風景