GFG関西:投釣主催 <<大会結果>>

投げ釣りオープン大会 【淡路島全島及び鳴門市】

投げ釣りオープン大会 【淡路島全島及び鳴門市】 第3回GFG投げ釣りオープン大会を3月25日(日)、淡路島、鳴門市一帯を釣り場として開催しました。当日は無風快晴の絶好の釣り日和でした。潮が小さいことも有り、私は急流で名高い、鵜崎の砂利浜で竿を出します。
初めての場所なので、少し不安はありますが、淡路島周辺で戻りカレイが釣れだしたと聞き、期待を込めての第一投です。仕掛けはPE3号の道糸に、オモリ30号、ハリス6号、『トーナメントカレイ』13号の二本鈎です。水深はそれほどではなく、ツブ根が所々にあり、カレイorアイナメが釣れそうな感じです。しかし、予想以上に潮が流れません。エサ取りもほぼ皆無です。投げては巻き、打ち返しを繰り返すのですが、状況は変わりません。
しびれを切らして、8時に場所移動をします。東浦を南下していきますが、残り時間を考えて、仮屋の大波止に釣り場を決めます。
一文字に大会参加者がチラホラ見えます。大波止の先端にも参加者がおられます。丁度、大波止カーブ付近の投げ釣り師が、帰り支度をされています。釣果を訪ねると、暗いうちに40オーバーのアイナメを釣られたそうです。これは期待が持てます。ただ、夜明けに底引き網が波止の近くを通ったそうです。こういう時は、近投に限ります。4本の竿のうち2本を、テトラの先に投入します。根掛かりすることを考えてPE5号の道糸にチェンジしています。少しすると、ゴンゴンとアイナメ特有のアタリが竿先に出ます。合わせをいれると乗っています。慎重に抜きあげるも目標の30cmに届かない微妙なサイズです。しかし貴重な1匹です。ここは40cmのカレイも狙える実績場です。遠近に投げ分けるのですが、結局納竿時間まで魚信を得ることはできませんでした。
審査は淡路島ハイウェイオアシスで行いました。検寸は永沢テスターに手伝っていただき、和気あいあいと進みます。大きなサイズが提出されると歓声があがります。
いよいよ表彰です。森港の一文字で43.1cmのマコガレイを釣られた松浦さんが、本章の部で優勝されました。息子さんも良型のイシガレイを釣られていました。他魚の部優勝は、浅野漁港でキチヌの39.2cmを釣られた仁平さんです。
審査会場では、参加者の皆さんが談笑をされ、とても盛り上がった大会になりました。大物用投げ竿もバトルサーフ、デュエルドライバーとラインナップが揃い、今まで他社製品を使われていた方も、このオープン大会を契機に購入された方も多いと聞きます。年々参加者が増え、今年は66名もご参加いただきました、ありがたいことです。
GFG関西の中谷本部長、谷野副本部長他、投げ釣り部の皆様には受付から審査まで、大変ご協力いただき、ありがとうございました。引き続きご支援いただけますよう、お願いいたします。
報告 : GFG関西投げ釣り部 湯浅 研史

成績 【カレイ、アイナメの部】

順位 氏名 魚名 寸法 [cm] 釣り場
優勝 松浦 隼人 マコガレイ 43.1 森港一文字
2位 永沢 弘雄 アイナメ 42.6 鳴門岡崎
3位 若林 英治 アイナメ 40.0 吹上浜
4位 岡本 吉永 アイナメ 38.4 鳴門岡崎
5位 廣瀬 多賀樹 アイナメ 38.4 鳴門岡崎
6位 服部 静夫 アイナメ 36.1 北泊漁港

■参加者:GFG関西・17名、GFG四国・1名、一般オープン・45名、女性/子供・3名 計66名


成績 【カレイ、アイナメの部】

順位 氏名 魚名 寸法 [cm] 釣り場
優勝 仁平 直幸 キチヌ 39.2 浅野漁港
2位 澤木 勝敏 カサゴ 27.0
3位 大野 健太郎 カサゴ 17.4


Copyright © GFG All Right Reserved